Magazine

お取り扱い書店

​代官山 蔦屋書店

吉祥寺_百年

吉祥寺_青と夜ノ空

新宿_蒼穹舎

中野_まんだらけ 海馬

荻窪_Title

新潟県-BOOKS f3

香川県-BOOKMARUTE

WOMB vol.10
WOMB vol.9
WOMB vol.8
WOMB vol.7
WOMB vol.6
WOMB vol.5
WOMB vol.4
WOMB vol.3
WOMB vol.2
WOMB vol.1

© 2015 little photographic magazine WOMB

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now
WOMB vol.5

菅野幸恵の特集「別れの後の静かな午後」から1冊が始まる。 視覚的表現の可能性を実験した布川の作品「目眩」や、だんだんと核心に迫っていくことを予感させる植田真紗美の「海へ」。勢いのある川崎璃乃の「新宿夜顔人」。 作品の流れと作者の意思が複雑に絡み合い、それぞれの迷いであれ決意であれ、作者の意思が連載によって変革しているということが感じられる。 美術評論家である光田ゆりさんが毎号一人の写真作家についてとりあげる連載「月をみる 光をよむ」、今号は高木こずえさんです。

Go to link