植田 真紗美

Masami Ueda

東京都生まれ朝日新聞出版写真部、東京都広報課写真担当を経て独立。日本写真芸術専門学校講師。

第1回キヤノンフォトグラファーズセッション/最優秀賞受賞。

第19回写真「1_WALL」/ファイナリスト。2013年より写真作品の発表場として写真誌『WOMB』を制作・発行。2021年東京恵比寿にKoma galleryを写真家9名と共同設立。

2021年写真集『海へ』をTraceより出版。

HP https://www.masamiu.com

〈展示歴〉

2009年 「可視光線」百年

2012年 「第1回キヤノンフォトグラファーズセッション-最優秀賞受賞作品展」            キヤノンギャラリー銀座

2012年 「第1回キヤノンフォトグラファーズセッション-ファイナリスト展」

           キヤノンギャラリー品川

2013年 「海へ」 TOTEM POLE PHOTO GALLERY 

2016年 「そこはきっと明るい」 MARUTE GALLERY 

2018年 「第19回写真『1_WALL』展」ガーディアン・ガーデン

2021年 「WOMB 真実とフェイク」京都写真美術館

2021年 「海へ」Koma gallery 

2022年 「Re」Koma gallery

2022年 出版記念展「海へ」一日、百年同時開催 

2022年「Pandemic Memories」                                                                                                                                                           他多数